【お悩み相談】自分の容姿に自信がなく、女性は素材で全て決まると思ってしまう

相談回答(架空相談含む)
ココロノマルシェ

こんばんは(^^)「生きづらさ」の鎧を脱ぎ、楽で自由になるカウンセリング。

心理カウンセラーの野内みちるです。

今日は、 ココロノマルシェに届いたお悩みに回答させていただきます(^^)

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーのお弟子カウンセラー達が回答する、無料のお悩み相談掲示板です。
お悩みがある場合は、是非、下記の「ココロノマルシェ」のページからお気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

ご相談内容

素材がすべてと思ってしまう(ご相談者さん:ナナさん)

こんにちは。いつも拝見しております。

私は自分の容姿に自信がなく、女性は素材で全て決まると思ってしまうところがあります。

頭が小さくてスタイルが良く、顔が整っているなど土台が良くなければ可愛くはなれないと思ってしまいます。

そのため、恋愛的な好意を示されても「自分を選ぶこの人は相当趣味が悪いのではないか」と感じてしまい受け取れません。

もちろん、元の容姿に関係なくメイクや服装、雰囲気など見せ方を工夫して輝いている人もいるとわかっていますが、自分に関しては納得することができません。

自分自身は小顔で目がぱっちりしたアイドルのような容姿が理想で、理想が高すぎることも原因かもしれないです。

どうすればこのような考え方を手放し、少しでも幸せな方向に近づくことができるでしょうか。

よろしければご回答お願い致します。

元もご相談URL

ご回答はここからです。

ナナさん、ご相談ありがとうございます(*^-^*)。

ご相談文を拝見して、ナナさんのご相談、多くの人の共感を呼ぶものではないかと思いました。

容姿についての悩みって、やはり多くの人の心の中にあるものではないかと思います。

また、

>「自分を選ぶこの人は相当趣味が悪いのではないか」と感じてしまい

の部分に、過去に全く同じことを私も思っていたなと思いまして(;^ω^)、大変共感した次第です。

私の場合は、容姿だけじゃなくて、自分のような性格の悪い人間を選ぶとは趣味が悪い…と思っていました(爆)

ということで、勇気をもってご相談いただきましたことに感謝しますとともに、少しでもナナさんのお気持ちが楽になるように考えていきたいと思います^^。

どうぞよろしくお願いいたします。

容姿の不思議

さて、容姿って不思議なもので、外から見るととっても美しい方の中にも「いや、私、綺麗じゃないから…( ;∀;)」「この目が嫌…、この鼻が嫌…、この口が嫌…( ;∀;)」とおっしゃる方もいらっしゃいますよね。

それは、ご本人の中では本当にそう思っているようです。

つまり、頭が小さくてスタイルが良く、顔が整っているなど土台が良い方でも、「自分は可愛い」と思えないこともあるようです( ;∀;)。

昔、超正統派の美人さんが、「私綺麗じゃないから」みたいなことを言ったのを聞いた時は、私は椅子から転がり落ちそうになりました(笑)。

これは、物理的な土台(頭が小さいとかスタイルが良いとか顔が整っているとか)と、自分の容姿に自信を持つことは、必ずしも一致するわけではないということを示しているのかと思います。

逆に言えば、ナナさんが書いて下さった通り、物理的な土台がどうあろうと、自分らしく「この自分でOK^^」と輝くこともできるということかと思います。

自己否定・自己嫌悪?

では、どうしたらよいかという部分ですが、ちょっとこの辺はお話を聴かないとハッキリとわからないのですが、ナナさんの中に、何らかの自己否定・自己嫌悪のようなものがあったりするでしょうか?

例えば、

>自分自身は小顔で目がぱっちりしたアイドルのような容姿が理想で、理想が高すぎることも原因かもしれないです。

と書いて下さっていて、小顔で目がぱっちりしたアイドルのような理想の容姿があるのはもちろん素敵だと思います(*^-^*)。

でも、もし、自己否定がなければ、その自分が理想とするアイドルのような容姿を見て、

〇「よーし!私もいろいろ工夫して近づくぞー(*^-^*)」

みたいに思って、いろいろメイクやファッションを楽しめるのではないかと思ったのです。

一方、自己否定があると、

〇「いやー。ああいう理想に比べて、私って本当にダメだな( ;∀;)」

と、せっかくの理想が自分を否定する材料になってしまう時もあるかもしれません( ;∀;)。

なので、もし上記のことに当てはまるかな?と思われたら、その自己否定を癒すことが、理想を持ちつつも自分らしく「この自分でOK^^」と輝くコツ(の1つ)ではないかと思います(*^-^*)。

自己否定・自己嫌悪を癒すには→自己肯定感アップはいかがでしょうか?

では、どうやって自己否定・自己嫌悪を癒したらよいかと言うと、非常にベタなのですが、自己肯定感をアップするという対処法はいかがでしょうか?(自己嫌悪・自己否定の反対は自己肯定なので)。

※自己肯定感は、人により意味が少しずつ違うと思うのですが「ありのままの自分を認めている気持ちや感情」という意味で使ってみます。

この場合、図式的に書くと、以下のような流れかと思います。

自己肯定感をあげる

自己嫌悪・自己否定が相対的に減る

理想を持ちつつも自分らしく「この自分でOK^^」と輝ける。

恋愛的な好意を示されても、受け取れる。

個人的には、自己肯定感をあげて自己嫌悪・自己否定が相対的には減ったように思います。それにより、輝けるまでは正直いっていないのですが(爆)、「まあ、この自分でしゃーないな~」と感じるようになったと思います(*^-^*)。

自己肯定アップのために、おススメのワークは、以下のようなものがあるかと思います。

〇自分の身体を大切なものとして扱う。具体的には、化粧水やボディクリームなどを塗る時などに優しく自分の身体に触れる(ゴシゴシ乱暴に扱わずに優しく扱う)。

〇自分の感情に〇×を付けずに、まず「あ~、そう感じているんだな~」とまず受け止める。

〇1日3つ自分の良かったこと・できていることを書き出す。

〇褒められたことをメモしておいて、たまに見てみる。

など

カウンセリングならば…

上記は、どちらかと言うと全般的な自己肯定感アップのアプローチかと思います。

もしかしたら、ナナさんも取り組まれたことがあるかもしれません。

それでもなかなか難しいんだよという場合でしたら、カウンセリングも良いかもしれません。

カウンセリングでお話をお聴きするなら、もう少し絞って、「自分の容姿に自信が持てない」「女性は素材で全て決まる」と思うに至った何らかの過去の出来事についてお聴きして、それを癒していくというアプローチもあるかもしれません。

例えば、

〇いつも姉妹と容姿を比べられていて、辛かった( ;∀;)

〇小学校5年生の時、好きな子に容姿に関してひどいことを言われた( ;∀;)

などといったことです。

こういう傷つく出来事があったら、「自分の容姿に自信が持てない」「女性は素材で全て決まる」と思うに至るのも無理ないですよね( ;∀;)。

カウンセリングですと、その時に感じた感情を受容して感じて抜けていくことや新しい視点で見ることで、スッキリされることもあるかと思います(*^-^*)。

もし機会があったら、カウンセリングも選択肢の1つに入れていただけたらなと思います。

まとめ

今日は容姿に自信が持てない下には、自己否定・自己嫌悪の部分があるのかもということと、その対処法について考えてきました。

何か少しでもご参考にあることがありましたら、幸いです。

ご不明点やご感想がありましたら、お気軽にこちらから送っていただけたらと思います(^^)。

このたびはご相談、本当にありがとうございました!

◇◆◇お知らせ◇◆◇

~誰かに遠慮したり、誰かに申し訳ないと思わなくていい。あなたは、ただ、幸せになっていい~

そんなことをお伝えしたいと思い、記事を書いています。

 

ただいま、公式ラインorメルマガにご登録いただくと、以下の2つをプレゼント中です!

〇「生きづらいと感じるあなたの我慢度チェック」小冊子
〇お悩み相談・ご質問へのブログ回答(匿名・無料)

詳しくはこちら

【公式LINE】

友だち追加

【メルマガ】

こちらから、「メルマガ」を選択してメールを送信して下さい^^

 

 

ただいま、2022年10月分の個人カウンセリングの予約を受け付けております。

詳しくはこちら

 

最後まで読んで下さってありがとうございました^^

心理カウンセラーの野内みちるでした。

相談回答(架空相談含む)
nouchimichiruをフォローする
しんどさから自由になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました