【お悩み相談】「嫉妬の感情」をスッと消す方法

相談回答(架空相談含む)
ココロノマルシェ

こんばんは。

「生きづらさ」の鎧を脱ぎ、楽で自由になるカウンセリング。

心理カウンセラーの野内みちるです。

今日は、 ココロノマルシェに届いたお悩みに回答させていただきます(^^)

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーのお弟子カウンセラー達が回答する、無料のお悩み相談掲示板です。
お悩みがある場合は、是非、下記の「ココロノマルシェ」のページからお気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

ご相談文

推しに嫉妬し、攻撃的な思考を向けてしまう(ご相談者さん:かりんさん)
私には4年ほど前から応援している推しがいます。
好きで応援しているのに、推しの活躍や新たな仕事の情報を見ると、
素直に喜べず、応援できなくなってしまいました。
それどころか、「XXを任せてもらえるほどスキルや実力あるかな?」
「失敗に終わればいいのに…」など、相手を下げるような攻撃するような思いが
ふつふつと湧き上がってきます。

私がファンになった数年前はそれほどメディア露出が多くなかった(と個人的には感じている)のですが、ここ1、2年で活躍の場が増えてきた気がしています。

年々、レベルアップしている推しを見て「すごい!私も頑張ろう!」とは思えないのです。
好きなことを仕事にして、さらに結果も出している推しと、
自分の状況を比較して嫉妬してしまっているのかなと考えています。

というのも、今の仕事は自分の好きな分野/得意な分野での仕事ではありません。
なにか特別な業績を残してもいません。
「私は好きを仕事にできていないし、自分が満足する結果も出せていない!」という、
悔しさ、惨めさ、対抗心などが入り混じった感情があります。

私も好きを仕事にするために行動して、自分の納得がいく結果を出していくことで、
推しに対する感情も変わっていくでしょうか?

推しにこのような感情を抱くケースをあまり聞いたことがなかったので、
カウンセラーの方々のご意見、アドバイスをいただきたいです。

元のご相談URL

ご回答はここからです。

かりんさん、ご相談ありがとうございます^^

(推しはくまモン!くまモンオタクカウンセラー、野内がご回答いたします^^)

さて、かりんさんは、4年ほど応援してきた推しがいらっしゃるのですね^^。

推しに限らずですが、

好きで応援している人がいる。

でも、なぜか素直にその人の活躍が喜べない。

何だか攻撃的な気持ちも湧き上がってくる。

そうなことがあると、何だか戸惑ってしまう方も多いのではないかと思います。

今日は、かりんさんが、素晴らしい表現力で、すごく整理して書いて下さっているので、こういった時の嫉妬のメカニズムとその対処法について、ご回答できればと思います^^

どうぞよろしくお願いいたします。

嫉妬=「うらやましい」+「ネガティブな感情」

かりんさんが、

>好きなことを仕事にして、さらに結果も出している推しと、
>自分の状況を比較して嫉妬してしまっているのかなと考えています。

>「私は好きを仕事にできていないし、自分が満足する結果も出せていない!」という、
>悔しさ、惨めさ、対抗心などが入り混じった感情があります。

と、書いて下さっている通り、「好きな人なのに、何だか攻撃的な気持ちも湧いてくる」時の原因の1つに「嫉妬」というのがあるかと思います。

嫉妬は嫌な感情ですが、実は、自分が本当に手に入れたいものを教えてくれる感情と言ったりします。

(例えば、野球の大谷選手のプレーに嫉妬するのは、たぶん野球選手かと思います。特に野球に興味のない人にとっては「すごいなー」で終わる)

かりんさんは、それもご存知なので、

>私も好きを仕事にするために行動して、自分の納得がいく結果を出していくことで、
>推しに対する感情も変わっていくでしょうか?

と書いて下さっているのかと思います(ありがとうございます!)

確かに、そういう方向性もあるかと思います^^

ただ、嫉妬の感情は少し複雑な構成になっています。

嫉妬は、単に「こうなりたい!」「うらやましい!」という自分の欲しいものを表すだけではありません。

そこに「どうせ無理だよ(無価値観)」「そんなの申し訳ない(罪悪感)」といったネガティブな感情がくっついているのです。

>年々、レベルアップしている推しを見て「すごい!私も頑張ろう!」とは思えないのです。

というかりんさんの文章。

この複雑な感情を素晴らしい表現力で表して下さっているように思いますが、いかがでしょうか^^?

嫉妬を乗り越えるには、ネガティブな感情を癒すこと

つまり、嫉妬の感情が出てくる時、

「私もこうなりたい!」「私もこんなことやりたい!」

という自分の願望があります。

でも、何かそれにまっすぐ行くのを阻むようなネガティブな感情があるという構図があります。

例えば、かりんさんも、以下の文章を声に出して言ってみていただけないでしょうか?

「私は好きを仕事にします!」

「私は自分が満足する結果を出します!」

(他にも、推しに嫉妬していると思われる点について、「私も〇〇します」という形で言います)

そして、その時に、どんな感情がわいてくるでしょうか?

例:

「いやー、でも現実無理っしょ」「どうせ私は無理だし」(無価値観)

「そんなことになったら怖いな…」(不安・怖れ)

「私がそんな良い目をみたら申し訳ない…」(罪悪感)

などなど

何か上記のようなネガティブな感情が出てくるかもしれません。

もしそういうネガティブな感情が出てきたら、まずは、それを否定せずに受容するだけでも、「あ~、自分はそう思ってたんだな~」と少しスッキリする場合もあります。

そして、そのネガティブな感情を癒していくと、自然と「私もやってみよう!」と自分が進みたい方向に進みやすくなるかと思います^^

(そうすると、結果的に、推しへの感情も変化するのではないかと思います^^)

最後に

さて、最後に、かりんさんの

>推しにこのような感情を抱くケースをあまり聞いたことがなかったので、

という点について。

ここまで見てきたように、嫉妬は「自分の欲しいもの、手に入れたいもの」を教えてくれます。

でも、「どうやっても手に入らなそう」なら嫉妬はしないのです。

(別世界すぎると「すごいなー」で終わりますよね^^だから、芸能人とかには嫉妬しずらいのです。)

逆に言うと、かりんさんは、推しに嫉妬するぐらい、非常に器の大きい人ということを示しているのだと思います^^。

また、「嫉妬」という難しい感情を率直に認めるオープンさや表現力

そして自分をオープンにすることから生まれる愛されキャラやリーダーシップ(「かりんさん、よくぞ言ってくれた!」と思われる力)。

そういった魅力をかりんさんはお持ちなのだと思います^^

是非、かりんさんの素晴らしさを受け取っていただけたらなと思います^^

(それが、無価値観やら罪悪感を癒すことにもつながっていきます。)

まとめ

今日は、嫉妬のメカニズムとその対処法についてご回答しました。

何か少しでもご参考になれば嬉しいです。

このたびはご相談ありがとうございました(*^-^*)。

<動画:準備中>

ご感想をこちらから送ってくださったり、SNSでつぶやいてくださったりすると、とっても嬉しいです(^^)。

◇◆◇お知らせ◇◆◇

~誰かに遠慮したり、誰かに申し訳ないと思わなくていい。あなたは、ただ、幸せになっていい~

そんなことをお伝えしたいと思い、記事を書いています。

 

ただいま、公式LINEかメルマガ登録で、人間関係の悩み解消のための4大プレゼント実施中です。以下の公式LINEかメルマガからどうぞ。

詳しくはこちら

【公式LINE】

友だち追加

〇スマートフォンの方は、上記の「友達追加」ボタンをクリックしていただくとご登録いただけます。
〇PCやタブレットからご覧の方は、上記の「友達追加」ボタンをクリックすると登録用のQRコードが表示されます。
それをスマートフォンで読み取っていただくと、ご登録完了です。

〇QRコードからの追加が難しい場合は、LINEの「お友達を追加」→「検索」→ID「@283unknb」を検索で公式アカウントが出てきます。

〇トーク画面で「プレゼント」と記載いただくと、すぐに、自動返信で4つのプレゼントが届きます。

【メルマガ】

こちらから、メールを送信して下さい^^
●メールをいただいた方全員に、すぐに、自動返信で4つのプレゼントが届きます。

 

 

ただいま6月分のカウンセリングをご案内しています。詳しくはこちら

最後まで読んで下さってありがとうございました^^

心理カウンセラーの野内みちるでした。

相談回答(架空相談含む)
nouchimichiruをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました