【お悩み相談】普段は穏やかなはずなのに、吹き荒れるような力は何?

相談回答(架空相談含む)

こんばんは(^^)「生きづらさ」の鎧を脱ぎ、楽で自由になるカウンセリング。

心理カウンセラーの野内みちるです。

今日は、 ココロノマルシェに届いたお悩みに回答させていただきます(^^)

ココロノマルシェとは?
根本裕幸カウンセラーのお弟子カウンセラー達が回答する、無料のお悩み相談掲示板です。
お悩みがある場合は、是非、下記の「ココロノマルシェ」のページからお気軽にご投稿くださいね。
ココロノマルシェ

ご相談内容

自立系武闘派女子とやらが気に食わない(ご相談者さん:殺生丸さん)

当方男です。

頼りない、自分(女)に甘えてくる、優柔不断、リードしてくれない…自立系武闘派女子という方々はこの様なヘッポコ男はお嫌いですよね?私もナヨナヨした男は大嫌いなのでお気持ちは非常によく分かります。

が、同時に上から目線で男を罵倒している武闘派女子の方々に激しい殺意を感じています。

私自身、人に頼るのが大嫌いで、何でも自分でやりたいので人に指図されたり決定されたりするのも大嫌いです。

この様な性格のお陰か、日常生活で武闘派女子の方々とお会いしてもお叱りを受ける事はまずありません。「喧嘩をするならばいつでも受けて立つ…命が惜しくないのなら掛かってこい」くらいは思っている部分もあります。

しかし、私の内面とは裏腹に見た目は「癒し系」「怒らなさそう」と言われる事が多いのです。

それでも過去に一度だけ「あぁしなさい、こうしなさい」と力押しで私を動かそうとした女性に対して真面目に怒った事があります。

その時は私の全妖力の半分も開放していなかったつもりなのですが、「そんな凄まじい殺気を向けられたら凄く怖い」と言って、相手はお逃げになられました。

しかし相手がお逃げになられた後、「全妖力を開放して本気でぶつかった場合、相手はどうなるのだろうか?」と一抹の不安を感じたのもまた事実なのです。

最近は吹き荒れる力を全開放してる状態が自分の真の姿なのだろうか?とさえ思っています。

普段は穏やかなはず…なのですが、この吹き荒れる様な力は何なのでしょう?

元の相談文URL

ご回答はここからです。

殺生丸さん、ご相談ありがとうございます(*^^*)。

殺生丸さんのつけて下さったタイトル「自立系武闘派女子とやらが気に食わない」が気になりすぎて(笑)、思わずご相談文を読ませていただいたのですが、 最後まで読むと、これはむしろ、弥勒の風穴が数珠で封印されてる問題という理解でよろしいでしょうか?(←ここは分からない人は読み飛ばしてもらって大丈夫です(笑))。

つまり、「普段は穏やかなはずなのに、吹き荒れる様な力を感じるのだが、これは何だろうか」という男女問わず結構当てはまる方もいらっしゃるテーマなのかな?と思いまして、今日は2つのパターンについて考えてみたいと思います。何か少しでも参考になりましたら幸いです(*^^*)。

(1)殺生丸さんは元々パワフルな方?

> 私自身、人に頼るのが大嫌いで、何でも自分でやりたいので人に指図されたり決定されたりするのも大嫌いです。

殺生丸さんは、好き・嫌いがハッキリされていて、自分で何事もしたい自立的なタイプの方なのですね(*^^*)。一方、

>しかし、私の内面とは裏腹に見た目は「癒し系」「怒らなさそう」と言われる事が多いのです。

ということで、見た目の印象は「癒し系」「怒らなそう」ということなのですね。

羊の皮をかぶった狼、くまモンの皮をかぶったクロコダイルという言葉が昔からあるように(後者は昔からはないかもしれませんが(笑))、見た目穏やかそうだけど内面は武闘派中の武闘派という方は一定数いらっしゃいますよね。

ある意味カウンセラーにも多いタイプなのか(笑)、今私の脳裏にパパパパと何人か仲間のカウンセラーの顔が浮かびましたが、私も命が惜しいので「例えばこの方とか~」とかリンクを貼るのはやめておきます(笑)。

このように(どのように!?)、ちゃんと見れば、羊の割に動きが異常にしなやかとか、尻尾がフサフサしているとか、「あれ?」という部分は見え隠れするものです。

しかし、そのしなやかな動きやフサフサした尻尾をウッカリ見逃してしまって、「この人は羊だろう」と思って力押しで動かそうとすると、

>それでも過去に一度だけ「あぁしなさい、こうしなさい」と力押しで私を動かそうとした女性に対して真面目に怒った事があります。

>その時は私の全妖力の半分も開放していなかったつもりなのですが、「そんな凄まじい殺気を向けられたら凄く怖い」と言って、相手はお逃げになられました。

のように狼の尻尾を踏みつけてしまうことになって、狼が前面に出てきてビックリということになるのですね。

そして、殺生丸さんは、

>しかし相手がお逃げになられた後、「全妖力を開放して本気でぶつかった場合、相手はどうなるのだろうか?」と一抹の不安を感じたのもまた事実なのです。

というように、自分の妖力を開放したら、相手はどうなってしまうか?と不安を感じていらっしゃるのですね。

逆に言うと、普段はあまり妖力開放はしてらっしゃらないのでしょうか?

もし、普段あまり妖力開放してらっしゃらないならば、

〇「全妖力開放したらどうなると思いますか?」

〇「全妖力を開放して本気で人にぶつかったらどうなると思いますか?」

ということを、もしよければ考えてみていただければと思います。

これは、「妖力」「吹き荒れる力」というものを殺生丸さんがどのようなものとして捉えていらっしゃるのかという質問になります。

「全妖力を開放して本気でぶつかった場合、相手はどうなるのだろうか?」と一抹の不安を感じたとも書いて下さっているので、もしかしたら、強いパワーを持つ人がそのパワーが人を傷つけるのではないかと恐れて、そのパワーを抑えて表面コーティングしている状態なのかと思ったのですが、ピンとくる部分はあるでしょうか?それともまた別のことと思われるでしょうか?

今日はちょっと殺生丸さんのお答えを聞けないので、一応、前半パートはそのラインで続きを書いてみたいと思います。

私は昔から友人が強パワータイプの人だったり、私のカウンセリングにも、なぜか強いパワーを持つ方が結構な確率でいらっしゃいます。

そういう高パワータイプの方といろいろとお話をしていて思うのは、一般的には強いパワーがあることって素晴らしいこと(実際素晴らしいことだとは思うのですが^^)と扱われるかと思うのですが、なぜかそのことを悪いことのように捉えて自分の力を抑えなくちゃと思っていらっしゃるケースも中にはあるように思います。

というのも、

〇友人関係で自分が目立つことで、他の人が傷ついてしまったように思う…( ;∀;)

〇きょうだいの中で自分が目立つことで、他のきょうだいが傷ついてしまったような気が…( ;∀;)

〇自分がちょっと言ったことが他の人に強い影響力を及ぼしてしまって、何だか怖くなる…( ;∀;)

などなど

強いパワーがあるがゆえに、何だか困ったことや怖いことが起きてしまうということもあるようです。

もしそういうことがあったら、「なんだか自分のパワーって悪いものなんじゃないか( ;∀;)」と誤解してしまっても無理ないのではないかと思います。

それゆえに、高パワーの人なのになぜかそのパワーを押し込めてみたり、目立つ人なのにわざと目立たないようにしてみたり、狼なのに羊の皮をかぶってみたりするという現象が起きる事もあるようです。

でもそうしていると、狼の尻尾を踏んづけられたり、なんか舐めた扱いをされたり、どうも人間関係でしんどさや不具合が生じてしまうという場合もあるようです。

もしこれにピンときたとして、カウンセリングだったら、殺生丸さんはどうされたいのか?をお聴きすると思います。

例えば、高パワーを悪いもののように感じているということがあったら、なぜそのように感じるようになったのかという出来事を振り返り、「自分の力=悪いもの」という誤解を解いていくというアプローチもあるかと思います。

また、高パワー自体は平和的に利用することもできるのではないかと思いますので、ご自身の価値を受け取っていただき、平和利用について考えていく場合もあるかと思います。

このあたりは、カウンセラーなどのアシストがあっても良いのではないかと個人的には思います(*^^*)。

(2)特定のことに対して吹き荒れる力がこみ上げてくる?

別の方向から見て見ますと、

>上から目線で男を罵倒している武闘派女子の方々に激しい殺意を感じています。

> 私自身、人に頼るのが大嫌いで、何でも自分でやりたいので人に指図されたり決定されたりするのも大嫌いです 。

>「あぁしなさい、こうしなさい」と力押しで私を動かそうとした女性に対して真面目に怒った事があります。

と書いて下さっています。 あることが好き・嫌いというの自体は、人それぞれの価値観ですし、上から目線で罵倒する人については、「罵倒されるの燃える(´∀`*)ウフフ」という方以外は、苦手と感じる方も多いのではないかと思います。

ただ、上から指図されたり決定されたり、力押しで動かそうとされたりするなどという特定のことになると、ものすごく吹き荒れる力がこみ上げてくる(簡単に言うと激しい怒りがこみ上げてくる)という部分はあるでしょうか?

つまり、特定のことに対して、極端に激しい感情や力がこみ上げてくるということはあるでしょうか?

もし、ある特定のことに対して怒りが非常に激しくてその扱いに困っているということでしたら、「なぜそんなに嫌いなのか?」「なぜ殺意を感じるのか?」という点を深堀してみても良いかもしれません。

これは、「そんなことで怒ってはいけない」とか「そんなことで怒るのはダメなこと」という意味では全くないです(*^^*)。出てきた感情は「ああ~、私はそう感じているんだな~」と否定せずに認めてあげることが重要だと私は思います。ただ、「このことは、自分にはすごく怒りを引き起こしているな。何でだろう?」と少し問いかけてみるという意味です。

具体的には、

○上から指図したり決定したり、力押しで動かそうとする人について、何か思い当たることはありますか?(例えば、母、父、きょうだい、友達、先生などでそういう方はいらっしゃいませんでしたか?)

ということを、もしよければ考えてみていただけたらと思います。もし、何か思い当たるならば、その時感じた感情を完了させることで、激しい感情を感じることがなくなる可能性があるかと思います。

その時感じた感情を完了させるとは、

〇その時感じた恨み・辛み・怨嗟の感情を思いっきり紙に書く。誰かに話して共感してもらう。思いっきり「悪口言い尽くしたぜ」くらいまでそれを行う。

という感情の解放をしていき、「なんかもうどうでもええわ~」となることかと思います(*^^*)。

【怒りについての参考記事】

怒れない人のための怒り入門(1)
皆さん、こんにちは。心理カウンセリング勉強中の野内です。先日、この記事で「アンガーマネジメント入門」という本をご紹介したのですが、今日は、逆に、「怒れない」ということでお困りの方もいるかもしれないと思い、「怒れない」心理について考...

まとめ

今日は、 普段は穏やかなはずなのに、吹き荒れる様な力を感じるのだが、これは何だろうというご相談について、(1)元々パワフルな方の場合、(2)特定のことに対して吹き荒れる力がこみ上げてくる場合の2つの可能性について考えてみました。両方!という場合もあるかと思いますが、何か参考になることがありましたら、幸いです(*^^*)。

何かご不明点ありましたら、お気軽にこちらからご連絡下さい(^^)。

ご相談、本当にありがとうございました。

********************************************

公式ラインを始めました(^^)
〇週に1回、ブログの更新やお知らせを配信
〇カウンセリング日程をお早めにお知らせ

お気軽にお友達になっていただけたら嬉しいです(*^-^*)↓

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました