気を遣って何だか疲れてしまった時は、正しさや誰かからの期待を手離す時

気持ちを楽にする心理学

こんばんは(^^)。「生きづらさ」の鎧を脱ぎ、楽で自由になるカウンセリング。野内です。

〇「あれをこうして、そうしたらあの人はこう言ってくるだろうから、先にこうしておくべきだよな。…(言葉にならない疲労)」

こんなふうに、いっぱい気を遣って何だか疲れてしまっている時は、要約すると、以下のようなことで頭がいっぱいになっていないでしょうか?

〇こういう時、どうすべきなのか?

〇こういう場合、どうするのか筋なのか?

〇ちゃんとしないといけないのに…

→正しさを探している

〇相手はどう言ってほしいのだろうか?

〇相手はどう答えてほしいと思っているのだろうか?

〇相手の期待に応えないといけないのに…

→相手の期待を探している

無意識のうちに、自分の気持ちよりも、正しさや相手の気持ちを優先させているのかもしれません( ;∀;)。

それはあなたの優しさでもあり、周りの人はそれで救われているのかもしれません(*^-^*)。

でも、周りは嬉しくっても、あなた一人疲れ果ててしまっているなら、周りの人に向ける優しさの一部でも、自分に向けてあげるのはいかがでしょうか?

〇「あ~、自分は正しさを探しているのかな~。よく頑張ってきたな~(^^)」

〇「あ~、自分は誰かの期待に応えようとしてきたのかな~。よく頑張ってきたな~(^^)」

そんなふうに自分を労わってあげるのはいかがでしょうか?

だいぶ涼しくなってきた地域も多いかもしれませんね(^^)。良い週末を~。野内でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました