怒りは感情の蓋!?

気持ちを楽にする心理学

こんばんは(^^)。「生きづらさ」の鎧を脱ぎ、楽で自由になるカウンセリング。野内です。

今日は、私が5年程前に、初めて心理学とかカウンセリングというものに触れた時に、とてもビックリしたこと「怒りは感情の蓋」という見方について書きたいと思います。

怒りは感情の蓋とは?

〇後輩にミスと指摘されて、ムカつく!!!!

〇(遅刻してしまって)「電車が遅れててしょうがなかったんだよ!!」

〇(問題ある家族のために尽力していてもうまくいかず)「もうあいつらなんか知らないんだよ!!」

上記の例のように、誰か(又は自分)が怒ってしまう時、実はその裏に「怒り」とは異なる感情があるのかもしれません。

怒りは、先日書いたように、物事を進める推進力という一面もあるのですが、もう1つ面白い(?)ことが、「怒り」によって他の感情を封じ込める時があるようです。それを「怒りは感情の蓋」等と表現することがあります。

ちなみに、私、最初この「怒りは感情の蓋」という言葉を聞いた時、「ほえー、そんなことあるんだー」\(◎o◎)/!ととてもビックリしました。

怒りという蓋の中に封じ込められているものは

上記の例を考えてみると、実は、

〇「後輩にミスと指摘されて、恥ずかしい(/ω\)」(恥ずかしさ)→「ムカつく!!!!」(怒り)

〇「遅刻してしまって申し訳ない!」(罪悪感)→「電車が遅れててしょうがなかったんだよ!!」(怒り)

〇「問題ある家族のために尽力していてもうまくいかず、もう何もできない(無力感)」→「もうあいつらなんか知らないんだよ!!」(怒り)

という他の感情が隠れている場合があるかもしれません。

怒りの裏にある感情を認めて感じてみるとスッキリする場合も

なので、怒りを感じた時には、その裏にどのような感情が隠れているかを考えてみて、その感情を「うんうん」と認めて感じてみると、スッキリして怒りもなくなる場合もあるかと思います(^^)。

まとめ

今日は怒りの裏にある感情に目を向けて、その感情を認めて感じてみると、スッキリする場合もあるという話を書きました。

このブログでは何故か意外と登場回数の多い「怒り」です(ブログ主の心の反映でしょうか(笑))。よければ、このあたりもどうぞ↓(^^)。

ものすごい怒りがわき起こる時、過去の体験が関係しているかも?
こんにちは(^^)。心理カウンセリング勉強中の野内です。今日は、「ものすごい怒りがわき起こる時、過去の体験が関係しているかも?」ということについて書きたいと思います。ものすごい怒りがわき起こる時例えば、○...
怒れない人のための怒り入門(1)
皆さん、こんにちは。心理カウンセリング勉強中の野内です。先日、この記事で「アンガーマネジメント入門」という本をご紹介したのですが、今日は、逆に、「怒れない」ということでお困りの方もいるかもしれないと思い、「怒れない」心理について考...

読んで下さってありがとうございました(^^)野内でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました