カウンセラー根本裕幸先生のお弟子さん講座(4期)第6回(1日目)の感想

心理カウンセラー養成講座

こんにちは(^^)。「生きづらさ」の鎧を脱ぎ、楽で自由になるカウンセリング。野内です。

昨日は、カウンセラー根本裕幸先生のお弟子さん講座(4期)の最終回(第6回)の1日目に参加したので、記憶が新たなうちに、その感想を書きたいと思います(講座は2日間あります)。

今日この後に最終回の最終日で、本当に終わるのでとても寂しいです( ;∀;)が、頑張って行ってきます~( ;∀;)。

講座1日目の全体像

講座1日目は基本的に第1回~第6回まで共通で、以下の内容です。(講座は2日間あります(^^))

1.ケーススタディについて:約4時間
・グループに分かれて事前に書いてきたケーススタディ*のそれぞれの回答を共有
・講師のヤタ先生の解説
・質疑応答
(ケースは4つあるのでこのセットを4回繰り返します)
*ケーススタディとは、あるクライアントさん(架空の設定)のご相談にどのように回答するかを考えて学ぶという方式。

2.心理学の概念やカウンセリングについて質疑応答:約1時間
3.デモセッション(受講者1人がクライアント役をやり実際に根本先生がセッションをしているのを見て学ぶ):約1時間
・デモセッション
・セッションの解説と質疑応答

自信のつけ方

今回はこぼれ話として、面白いな~と思ったことを1つ書いてみたいと思います(^^)。

自信をつける時に、皆さんどんなことをされますか?

講座で教えてもらったのが、以下のことでした。

簡単なことで習慣を1つ変えること。やめたほうが良いと思っているけどやめれないことをやめるorやったほうが良いと思っているけどやれていないことをやる(1か月ぐらいかけて)。

異なる習慣(簡単なこと)を変えてみる(次の1か月)

さらに異なる習慣(簡単なこと)を変えてみる(次の1か月)

(以下、同じように簡単な習慣を変えてみるのを半年ほど続ける)

ここでのポイントは、変える習慣は、「玄関の靴をそろえる」とか、簡単なことで良いということのようです。簡単なことでも、「やってみる」→「できた」→「気分が良くなる」というセットを何度か繰り返すと、自分の心の中の前提が「できない」→「できる」に変わっていくようです。

私は、実は割と習慣化とか好きで、今後は、そういった習慣化の本のご紹介とかもブログでしていけたらなと思います(^^)

後記

今日は、つらつら書いてしまったので、まとめはなしですが、読んでくださってありがとうございました(^^)。野内でした。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました