怒れない人のための怒り入門(1)

気持ちを楽にする心理学

皆さん、こんにちは。心理カウンセリング勉強中の野内です。
先日、この記事で「アンガーマネジメント入門」という本をご紹介したのですが、

今日は、逆に、「怒れない」ということでお困りの方もいるかもしれないと思い、「怒れない」心理について考えてみたいと思います。

今日のタイトル完全に本に感化されています(笑)。

怒れない

かく言う私も、普段なかなか「怒れない」人だったのです。今も決して「怒る」のが得意なほうではないと思います。とはいえ、生まれた時から癇癪持ちで、這えば怒鳴り、立てば喚き、歩めば吠える人より、「怒れない」ということでお困りの方のお気持ちは私なりに分かるような気がしますので、一緒に考えていければと思います。

「怒れない」で困ること

まず、怒れないで困ることとして、どういうことがあるでしょうか。私の場合は、以下のようなことがあったように思います。

〇私が怒らないので、相手は今の状態で良いんだと思ってしまう(ドンドン仕事が押し付けられていくとか)。

〇怒りを我慢しすぎて限界まで行くと相手を切ってしまう(無言で相手と縁を切ってしまう)。

〇怒りを抑圧していくと、自分がどう思っているか・何を感じているかが分からなくなってしまう。

「怒れない」とは

では、「怒れない」とはどういうことかをもう少し細分化してみたいと思います。

1.「怒り」は感じるのだが、それを相手に伝えることができない

2.そもそも「怒り」を感じることができない

1.「怒り」は感じるのだが、それを相手に伝えることができない

これは、「怒り」の感情を感じるが、相手にどう伝えて良いか分からないという場合です。これは、最終的にはアサーティブコミュニケーションにより相手に自分の気持ちを伝えるということになるかと思います。

アサーティブコミュニケーションは、怒鳴り散らすとか強く言うというよりも、自分の本当の気持ち・考えを相手に分かるように穏やかに伝える技術と言えるかと思います。しかし、その前に、その激しい「怒り」を発散させておくと良いのではないかと思い、具体的な方法を以下のように考えてみました。(激しい怒りがあったらアサーティブコミュニケーションが難しいと思うので)。

〇暴れられる店に行く:雑な説明ですいません(;^_^A。最近、物を壊したりする専用の店があるそうで、そういう所に行って物を壊す等の行為を合法的に行うということです。

〇一人カラオケで歌う:カラオケが好きな方は、思いっきり歌う。

〇紙に書き殴る:何でも良いですが紙に書きまくる。誰に見せるわけでもないので遠慮なく放送禁止用語のオンパレードでどうぞ。ある意味、必要なものは紙とペンのみなので、場所を選ばず低コストでできる早い・安い・美味い三拍子そろった吉〇家のような方法とも言えます。

〇運動する:思いっきり土手を走る(土手じゃなくても可)。思いっきりダンスする。思いっきり泳ぐ。

〇思いっきり家事する:思いっきりギュギュと皿をこする、思いっきり風呂をスポンジでこする、思いっきり窓を磨く、思いっきり強くタオルをバサバサと振ってから干す(ちなみにこれをやると二の腕が細くなるそうです)。

後半の2つは何かむしろダイエット記事みたいになっていますが(笑)、どれも安全に「発散」ということがキーワードになるかなと思います。

もし少しでも参考になりましたらとても嬉しいです。読んで下さってありがとうございました!

続きはこちらから
怒れない人のための怒り入門(2)
怒れない人のための怒り入門(3)

コメント

タイトルとURLをコピーしました