ダメンズメーカーの仕事版もあるのかな?

心理学

こんばんは(^^)。「生きづらさ」の鎧を脱ぎ、楽で自由になるカウンセリング。野内です。

ダメンズメーカーという言葉があると思うのですが(自分の働きかけによってパートナーをダメンズにしていくこと)、なんか意外とそれの仕事バージョンもあるような気がします。

勝手に言葉を作るならば、「タスクメーカーさん」。

タスクメーカーさんの主な特徴

以下のようなパターンって意外とないでしょうか?

〇仕事を目ざとく見つけてしまう。

〇一個の仕事が終わったら、すかさず次の仕事を見つけてしまう。

〇つい、他の人の仕事も大変そうだったら口も手も出して、いつの間にか担当になっている。

〇今日は仕事は休みだ!と思っても、「散らかっている家をとりあえず何とかしないと」「せっかくだから衣替えもして、ムシューダも入れ替えて、窓も拭いて、(…続く)」とやることが無限展開していく(爆)。

タスクメーカーの心のうち

もちろん本当に仕事を無限展開していくのが楽しい!みたいなことだったら良いのですが、

〇疲れたよー( ;∀;)

〇眠いよー( ;∀;)

〇休みたいよー( ;∀;)

と実は思っていたり、何なら

〇なんで自分ばっかりやらないといけないんだ( ;∀;)

〇なんで他の人は気を利かせてやってくれないんだ( ;∀;)

と逆切れモードになってしまうこともあるかもしれません。

タスクメーカーさんが他の人に発しているメッセージ

私も激しく自戒を込めて書きますが(爆)、そういうタスクメーカーさんは、周りの人に以下のメッセージを暗に発信してしまっているのかもしれません。

〇私がやるから良いのよー

〇何もやらなくて良いのよー

これって、ダメンズメーカーさんが発しているメッセージと少し似た部分があるのかもしれません。

タスクメーカーさんになった理由

とはいえ、どうしてタスクメーカーさんになってしまうのか、いろいろと理由があるかと思います。

〇自分なんてダメな人間だから仕事で貢献しないと(無価値感系)

〇勝手知ったる我が家的役割(相手の荷物まで背負う役割は今だけ?家族の中でもやっていたのでは?)というポイント

などなど

なので、それが悪いというわけではなくて(それはダメンズメーカーさんも一緒だと思います)、もしかしたら、何らかの理由があってタスクメーカーさんになっているのかな~、この忙しさは自分が作り出している部分も少しあるのかな~と一回振り返るきっかけとなればと思い書いてみました。

まとめ

今日は、ダメンズメーカーさんの心理は仕事バージョンもあるのかもという話を書きました。というか、私はかなりタスクメーカーにドはまりしている気がします(^_^;)

そして、紳士・淑女の皆々様におかれましては、「野内ってダメンズメーカー?」と聞いては、ダメ!絶対!(笑)

読んで下さってありがとうございました(^^)野内でした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました