カンジョウ・カンパニーのZoom会社説明会

気持ちを楽にする心理学

※今日は、ネタです。何でも来いの方のみお読みください(土下座)。

7月某日。世界的大企業カンジョウ・カンパニーのZoom会社説明会+座談会が行われていたのであった…(暗転)。

司会)音声聞こえますでしょうか?(^^)今日は、カンジョウ・カンパニーのZoom会社説明会にお越しいただき、誠にありがとうございました。弊社の概略をご説明させていただきますー。
カンジョウ・カンパニーは創立ざっくり500万年で、人類が感情を得た時に創設され、京都の漬物屋も真っ青の老舗中の老舗の会社です。
また、支社数は全世界で約78億支社ありまして、世界人口と同じだけの支社数があります。
現在、カンジョウ・カンパニーは2つの部門に分かれております。ネガティ部ポジティ部です。ネガティ部はポジティ部の3倍の売り上げがあるため、会社の中で大きな顔をしている、社内における発言権が大きくなっております。
オホン、オホン。失礼いたしました。一部音声が乱れたところがございました。それでは、小グループのブレイクアウト ルームに分かれての座談会を行いますー。先輩社員さん各部の紹介等お願いしますね~。

【ブレイクアウトルーム96 ネガティ部に移動】

先輩)はーい。こちらはブレイクアウトルーム96ネガティ部です~。何より一緒に働く仲間が大事ですよね~。なので、まずはネガティ部所属の部員についてざっくり説明しまーす。

ネガティ部の部長は「怒り」部長。バイタリティ溢れる「怒り」部長は、対外折衝の際にも、会社の大切にしているビジョンに反するオファーに対しては敢然と「No!」と言える頼れる部長ですねー。一方、たまに暴れ出して社内の備品を壊したりするという問題もあるのね。
オホン、オホン。失礼失礼。どうもZoomが一瞬フリーズしたようですね。

先輩)続きまして、「罪悪感」部長補佐。一見もの静かな渋い部長補佐。しばしばタバコ休憩で不在にしているけど、社の規則として、稟議書には「罪悪感」部長補佐のハンコが必要になるので、掴みどころはないけれども、社内決済に影響力が高くなっているので、気をつけて下さいね
オホン、オホン。失礼失礼。どうもWi-Fi環境が不安定なようですね。ちょっと、Wi-Fiを有線につなぎ直しますねー。

先輩)うーん、後は、ネガティ部の社歴No.1社員「寂しさ」さん。「寂しさ」さんは、創設時より在籍していて、「怒り」部長や「罪悪感」部長補佐よりも社歴は長いんです。そのため、抱き枕等の備品をなぜか社内に常備していたり、逆らうとアルコールを湯呑に入れられてアルコール依存になった社員もいたとかいないとか。一方、「寂しさ」さんがいるからこそ、社内の結束が生まれ、たまに飲み会なんかも企画してくれまして、わが社一丸となって業務に邁進できるのです!

先輩)後は、結構社内権力があるのは「嫉妬」さんかなー。実はここだけの話、「嫉妬」さんは、ポジティ部の「憧れ」さんの生き別れの双子というまことしやかな噂もあって、服装とかは全然違うのですが、妙に顔立ちが似ているのですよね。

【ブレイクアウトルームは終了です。メインルームに戻ってきて下さい】

先輩)あ、もう時間みたい!申し遅れました。私はブレイクアウトルーム96 ネガティ部担当の「無力感」です。ここまで読んでこられて何一つ役に立たなかったでしょう( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

オワレ m(_ _)mスマヌ

コメント

タイトルとURLをコピーしました